ちょこっとMentonの街です。

イタリアの国境を過ぎ最初のフランスの街メントン(マントンとも言います)
d0137699_642518.jpg

イタリアからフランスに入ると建物の感じが変わり
(旦那はインペーロスタイルというけど私にはわからんです)
とても整理されており外壁もどこかの街みたいに((ジェノヴァですけどね)
車のスモッグで汚れてないし、道路も整備されて広々として
どこかの街みたいに(もういいですね)デコボコしてないし、
2重に駐車して人の迷惑かえりみず。。。なんて事もなく
クラクションをすぐ鳴らす車もいないし(いたとしたらそれは。。。言うまでもありませんね)
ラジオもイタリア語からフランス語に変わる感じは行く度に私の気分を高めてくれます。
d0137699_6464040.jpg
10時にはメントンに着きたかったのに着いたのはお昼の12時過ぎ!
ジャンコクトー美術館が目的で行ったのに美術館が12時半~2時までお休みなので
食事をして街をぶらぶら~。
d0137699_6555725.jpg
やっぱりたどり着くのはこういうお店なんですよね~。
d0137699_657061.jpg

私の苦い経験。。。
初めてパリに行った時(1人旅)泊っていたサンジェルマン デ プレの
ホテルのすぐ横にあったパティスリーで買ったかわいいケーキ!
私はすぐ食べずに部屋の机の上に置いて観光に出かけました。
観光を終え部屋に戻るとなんと!そのケーキが真っ黒に!
千匹はいたであろうアリさん達に私のかわいいケーキちゃんが
襲われてしまっていたのです!
それからすぐ食べない時は目で食べたくても、ぐっとこらえる事にしてます。
これは↓Fougasse mentonnaise(フーガス・マントネーズ)、
メントン風のフーガスです。つまりフォカッチャです。
d0137699_7212961.jpg

南仏プロヴァンスから生まれたフーガスはイタリアのフォカッチャみたいに
塩味のもありますがこれは甘くフィノッキオ(フェンネル)
という香辛料も効いていて、この赤いのは何かの花びらに見えましたが。。。
おいしかったです、買ったお店はこちら。
d0137699_73386.jpg

場所をもう少し中心地に戻って、モナコほど豪華ではないけどカジノもあります。
d0137699_734396.jpg
ここでは市場が開かれています。
d0137699_7361187.jpg
メントン市庁舎。
12時半までに行けばこちらの婚礼の間に描かれているジャンコクトーの絵が見れたのに遅く着いたので断念。
こちらでは外国人でも結婚式ができます、
日本人の方も何組もこちらで結婚されたようです。
d0137699_7411272.jpg
美術館の開く時間になったので美術館へ、
ジャンコクトーの絵を堪能した後イタリアに戻る用事があったので
ひとまずイタリアへ、。。。
d0137699_82850.jpg
ホントは他の南仏の街にも沢山ジャンコクトーの
作品があるのですがそれはまたの楽しみにとっておく事にします。
それにしてもメントンでは聞こえてくる言葉は5割イタリア語
4割フランス語、1割がそのほかの外国語でした。
でも家(アパート)の値段がイタリアより安かったので
「うん、老後はここもいいな~」なんてにんまりした私でした。
[PR]
by moconail5ott | 2009-08-04 08:12 | フランス
<< こちらも雨です。 いつから? >>