カテゴリ:フランス( 12 )

Fête des Lumière

私の従姉妹が今年フランスのリヨンに引っ越しました、
旦那の従姉妹も同じリヨンに住んでいるので
彼らに会うのと「光の祭典」を見るのも兼ねてリヨンに行ってきました。
d0137699_20172271.jpg

フランスはやっぱり素敵、でも娘がフランスの食事がどうもダメで
出発前のランチは泊まったアパートのそばにあったお寿司を食べに。。
まだ引っ越して間もない従姉妹ちゃん、フランス語を学びながら
小さい子供2人抱えて本当に大変だと思うけど
ベテランのフランス在住のブロガーさん達のように
たくましく(?)頑張って欲しいです!
[PR]
by moconail5ott | 2014-12-20 20:22 | フランス | Trackback | Comments(0)

ニースとカンヌ

こんにちは。イタリアはもう夏時間で日が長く感じられます。

娘ですが初めて中耳炎になってしまいました。
気候も暖かくなり順調に幼稚園に通って
「このまま何もなく夏になってくれればいいな。。」と思っていた
矢先だったのでへこみました。

10日間の抗生物質を飲んで今はまた幼稚園に通っていますが
なんだか今日から怪しい天気。。 やだー

抗生物質を飲ませるとすぐ痛みは取れ元気いっぱいの娘でしたが
薬を飲んでいる間は幼稚園に行かせないようにと言われたいたので
ずっと自宅待機、そんな週末に南仏に誘われたので行ってきました。
車出してくれるっていうし^^;
d0137699_18493910.jpg
1泊カンヌに泊まりました、この写真の街はAntibes(アンティーブ)ニースとカンヌの間にあります。

旦那はニースまでと言うけど一緒に行った友人はマルセイユまでは以前イタリアだったとか。
d0137699_18585798.jpg
あまり参考にならない写真だけど確かにイタリア(リグリア)と変わらない町並みはたくさん見られます。

d0137699_1911737.jpg
気持ちのいい土曜日、今年はなんだか家にいることが多くて思い立ってお出かけしてよかったかも。
d0137699_1954275.jpg
かわいい石鹸、娘が「粘土~?」と聞いていたけどこんなかわいい粘土があったら買っちゃうかも。

d0137699_1975184.jpg
くるくる回すオルゴールを物色中。早速でました「買って買って攻撃」 私はダメと言ったのに友達と話している隙に旦那とお店に入っていった様子。。お店から出てくると見本の気にいった曲のオルゴールがなく断念した様子。母、苦笑

d0137699_19114462.jpg
これ、カンヌで食べたSoupe de poisson (お魚のスープ)おいしかったー!
日が絶対当たらない路地裏の小さいせま~いお店に入ったんですけど大正解でした。
プリモとセコンドとデザートがついて16ユーロ(ランチの値段です)
全部おいしいです、ただいつも思うんですけど
フランスはお水がお高い!
d0137699_1915451.jpg
メニューの前でパチリ!
場所はごめんなさい、カードもらってくるの忘れて判らないんです。
親子か姉妹か判らないけど海の女2人がワイルドにサーブしてくれます。
d0137699_19233682.jpg
5歳の女の子だってたまには物思いにふける事もありますよね、どうしたらプリキュアになれるとか、プリンセスになってお城に住みたいとか。。

忙しい彼女です。
[PR]
by moconail5ott | 2012-04-01 00:29 | フランス | Trackback | Comments(8)

Aix-en-Provence (エクス アン プロヴァンス)

日本行きまで2週間切りました。
その前に娘のお誕生日会を行うので気持ちだけ焦って実際何も手につかず状態な日々
そんな時18年物の我が家の洗濯機が壊れました。

5~6年前も壊れた時があって「買い替えか!」と喜んでいて
次の日外から家に帰ってみると旦那がエプロンして洗濯機を解体して
(この人は電気屋か。。と思ったけど)直してしまったんです。

脱水してもなんか絞ればまだ絞れんじゃね?と思うような洗濯機でしたが
とうとうおさらばです(笑)

そんな訳で毎日手で洗濯してます。寒くなる前で良かったー

全くヴァカンスモードはどこへやら。。。でも更新させてね。

さてお世話になった先輩とは日本で会う約束をしてボニューの街を離れ
エクスアンプロヴァンスの街に向かいました。

とても暑かったので一度予約したミラボー通りにあるホテルをキャンセルして
中心地から少し離れたプールのあるホテルにしました、
辺りに何も無いので中心地まで行くのには車で5分~10分で不便とは言わないけど
娘もプールで沢山遊んだので今回はこれで良かったと思います。


まず最初に飛び込んできたのがPlace de la Rotonde (ロトンド広場)
d0137699_423492.jpg
暑いのにプラタナスの枯葉が落ちてたりと何か不思議な街。
d0137699_41004.jpg
↑写真はミラボー通り、この通りも素敵だったけど、大通りから1本入る小さな通りと
100以上はあると言われている噴水の魅力に写真を撮らざるを得ませんでした。

d0137699_511476.jpgd0137699_5114031.jpg















私のブログの見出しの右端上の写真を見て「セザンヌだ、エクサンプロヴァンスだ!」と
判った方はプロヴァンス通!(かな?)
私は自称隠れゴッホファンなので画家セザンヌの事や絵はあまり知りません


d0137699_512272.jpgd0137699_5125690.jpg














しかし、プロヴァンスを訪れてみて思いました
あの抜けるような空と中世から変わらないであろうあのたたずまい、
多くの印象派の画家が移り住んで愛した今も変わらないあの風景に納得です。

d0137699_516424.jpgd0137699_5175045.jpg














ん?フィレンツェにもこういうの(イノシシ?)ありましたよね?
d0137699_5495159.jpg

フランスはやっぱりパンがおいしい、でもこの街に来てから2日間連続で
韓国人経営の和食屋さんでごはん食べました。
娘がなんと車でこの和食屋さんの前を通った時「おしょうゆの匂いがした!」
と言ったんです。
そのお店が何か判らない時で振り返って見てみるとこの和食屋さん!
よっぽど食べたかったのでしょうね、彼女のリクエストで本場のブイヤベースは
次回の楽しみにとっておいて娘はお寿司、私はさっぱりうどん
旦那はプルコギ頼みました(爆)

d0137699_5581831.jpg

その時の写真が私のフェイスブックの顔写真になってます (←いらない情報)
d0137699_685720.jpg

旧市街の通りにセザンヌのプレート↑が道にはめてあります。
これをたどって行くとセザンヌゆかりの場所へと導いてくれるようです。

枯葉はとってつけたように写ってますが何も「演出」はしていません(笑)
[PR]
by moconail5ott | 2011-09-17 06:28 | フランス | Trackback | Comments(14)

南仏プロヴァンス Gordes(ゴルド)

いつまでも旅行記のアップで申し訳ありません
今は日本行きの事で頭がいっぱいなのに何も手をつけておらず
あっという間に娘の幼稚園の最初の1週間が終わってしまいました。

さて、リュべロン地方の中で最も有名で観光客が多いのがGordes(ゴルド) 
写真お借りしてます↓
d0137699_6301615.jpg
何かに似てると思いませんか?
宮崎駿作品の中のあれです。
そう!「天空の城ラピュタ」  未確認ですが検索した結果このゴルドの街は
「天空の城ラピュタ」のモデルになったらしいだそうですーー;
イタリアのラツィオ州にあるCivita di Bagnoregioと言う街にもそれらしきものがあるようですが真意は定かではありません。

階段や坂の石畳の両側には石造りの建物
日陰と日向の強弱がはっきりした街です。d0137699_6575460.jpgd0137699_6585632.jpg

















観光案内所なんかもあったりしてお土産屋さん(娘にラヴェンダーの絵のTシャツ買いました)
レストラン、カフェも多くボニューより観光地化されています。d0137699_701883.jpg
d0137699_704456.jpg













 フランスに行くといつも探すものがあるんです。
でも未だにゲットできずじまい。。。
それは食卓に上る「パン入れ」(爆)
バスケットとでもいいましょうか、籠とでもいいましょうか。。。。
かわいい布が張ってあるちょうどいいサイズのそして安い←これ重要
見つけられないんです。(笑)

実はこのゴルドの街で超かわいいしかも布に「pain(フランス語でパン)」と書かれた
籠があったんです
「あったー!!」と旦那に「これいくらか聞いて!」とお願いしてその答えが
60ユーロ。。。。

しかもこの籠だけではなく他に大きすぎる籠と、小さすぎる籠がついてて
3つセットで売っているんだそうです。。。
クソー!
残念!
写真を撮らなかったのでお見せできずにこれまた残念
ただ買わないのにエレガントなお土産やさんの中で写真をバチャバチャ撮る事は
さすがにできませんでしたけどね。
d0137699_7201096.jpg
ボニュー同様この街も映画「a good year(邦題 プロヴァンスの贈り物)」に出てきます。この日もとっても暑くて日陰を求めて歩いて小一時間
d0137699_7225136.jpg
先輩達と食べる桃のタルトを買ってまたボニューの街まで戻りました。
これがまためちゃうま!なタルトでした。
ゴルドの場所はこの辺です。
d0137699_7245130.jpg

[PR]
by moconail5ott | 2011-09-11 07:33 | フランス | Trackback | Comments(6)

南仏プロヴァンス Bonnieux(ボニュー)

日本で仕事をしていた時の先輩が普段は東京にいらっしゃるんですが
夏は南仏で過ごされているので押しかけてしまいました いつもこんな感じで旅が始まる
d0137699_2401673.jpg
先輩が夏の間過ごされているのはプロヴァンス中央部のリュベロン山地、
リュべロン地方は小さいながらも魅力的な町や村が点在している地方、その中の一つ
Bonnieux(ボニュー)という街。
ボニューはピーター・メイルのベストセラー『南仏プロヴァンスの12ヶ月』の中に出てくる街の一つ、恥ずかしながら私はこの本の存在さえ知らなかったのだけど、この本が大ヒットしてからイギリス人を始め沢山の観光客で賑わうようになったとか。
d0137699_23214770.jpg
もう一つ知らなかった事でフィガロのプロヴァンス特集にもこのボニューの街が見出しで出てたようです。確かに日本人観光客もいました
d0137699_23175472.jpg
この街を歩くと気まぐれそうな猫が出迎えてくれます。
d0137699_21114635.jpg
    「ちょっとなでなでさせなさいよー」
d0137699_21141446.jpg
   猫  「あ、行っちゃうのぉ?」
d0137699_21151491.jpg
ラッセルクロウ主演の映画「A good year」(邦題 「プロヴァンスの贈り物」)にも出てくるこのレストラン、プラタナスの木の下で食べるプロヴァンス料理、とってもおいしかったです、予約した方が無難です、何人かの方が入れず帰って行きましたから(笑)                 Le Fournil
5,place Carnot 84480 Bonnieux Tel:04 90 75 83 62
d0137699_21221784.jpg
街を歩いてて思わず撮ってしまったのが小窓、かわいくて素敵です。d0137699_21395667.jpgd0137699_2140356.jpg















d0137699_2141787.jpgd0137699_2151957.jpg














d0137699_2155512.jpgd0137699_21553586.jpg














リュべロン地方は丘陵地帯なので低地から見るとどの村もプロヴァンスによくある鷲巣村の構造をとっていて、村の中に坂道が多いんです
d0137699_22444965.jpg
遠方、左側に見える村はラコスト村、丘の上には、あの「マルキ・ド・サド(サド伯爵)」が
住んでいたお城の跡地があります。
現在は、ピエール・カルダン氏が所有し、アートの普及に励んでいるようです。
d0137699_2228168.jpgd0137699_2228348.jpg














d0137699_22312332.jpgd0137699_22315557.jpg














イギリスナンバーの車を何台も見かけました、「南仏プロヴァンスの12ヶ月」の本を
ガイドブック代わりにやってくる観光客もいるそうです。
滞在していた時も猛暑ででも適度に風があり。。昼寝に最適!
この日差しを求めてやってくる気持ちは判るナと思いました。
d0137699_22474262.jpg

ラベンダー畑が紫色に染まる7月初旬にぜひまた来たいです。
d0137699_2393833.jpg
その時はこの猫ちゃん達にもまた会えるかしら?
[PR]
by moconail5ott | 2011-09-05 00:18 | フランス | Trackback | Comments(4)

BERNACHON

リヨンの続きです。

前の日、寝たのが2時近かったので起きたのは10時頃。
支度をして朝食に降りたらもう終わっていました!
でも親切なホテルの人が簡単に用意してくれたおかげで朝食にありつけました。
お腹空いてませんでしたけどね

リヨンの街を見に行く前にいとこのフランソワの所へ顔を出しに。
(リズのお姉さんでパーティー会場のお宅)
d0137699_0325123.jpg
お庭がどんだけ広いんでしょうね、こんな大きな家にご主人と2人で住んでいます。
(ご主人はパーティーを避けてパリのアパートで過ごしたとか。。)そっちに行きたかった私

フランソワちゃん、パーティーでは見かけなかったBouillet(ブイエ)のマカロンを
出してくれました!
d0137699_043289.jpg

一気に4つ頂いちゃった私。うま~~い
4面全部マカロンが敷き詰められてるよ~高そう~
このブイエ氏、新宿の伊勢丹に支店を出した事は知っていたけど
リヨン出身の方とは知らなくてこの後行ったリヨンの旧市街にある
ブイエ氏のお店の事は全く頭になかったのでした。

その代わりにと言う訳ではないけれど他に行きたいお店があるリヨンの中心街へ
d0137699_1273753.jpg
情緒ある2つの川が流れています。
(パリとトリノとフィレンツェを足した感じ)余計判らないか。。。汗
d0137699_1334973.jpg
リヨンの街が一望できますこういう感じフィレンツェっぽいでしょ
d0137699_1353637.jpg
逆にこちらはパリっぽい?。。
本日のメイン、BERNACHON(ベルナション)
リヨンが誇るチョコレートの老舗のお店、店舗はリヨンにしかないそうです。
d0137699_1494087.jpg
日曜日でお休みかと思っていたけど開いていてラッキー!
d0137699_1521825.jpg
一番手前の(緑の)クラシックなケーキはあまり見かけないタイプですよねかわいい
d0137699_1542868.jpg
チョコレートのケーキを2つ頼みました。
d0137699_1582976.jpg
夜ホテルに戻ってから食べたんですけどね。。。
d0137699_20543.jpg
 ぉぉぉおいしい~!!!
d0137699_213482.jpg
舞い上がってたからかもしれないけど今まで食べたチョコレートのケーキの中で
一番おいしいかも!!
d0137699_25935.jpg
リヨンに行かれる方は絶対行って欲しいBERNACHON、ほんっとにおいしいです!
お店にいた日本人の方が対応してくれたおかげで色々聞く事が出来
選んだチョコレートがおいしくて泣けました、街を一望できる場所まで教えてくれて
大変お世話になりました、お姉さんありがとう~♪

     
     BERNACHON
     42, cours Franklin-Roosevelt-
     69006 Lyon -
     04 78 24 37 98     
[PR]
by moconail5ott | 2010-03-28 02:17 | フランス | Trackback | Comments(6)

Surprize Party.

リヨンとジュネーヴから戻ってきました。
10時前にジェノヴァを出て3時にリヨンに着く予定が
frejus(フレジュス)トンネルの手前で1時間半も待たされ着いたのは4時半でした。
(Partyは5時から、あとトンネルの中で起きたトラックの事故処理
を待っていて遅れたのだけど何とか間に合いました)

着いてから知ったのが本人に内緒のサプライズパーティーだった事。
主役が6時到着と言う事で私達はホテルに行き着替えお化粧もして行きました。

主役を待つ人達
d0137699_023664.jpg
 「siiiiiiiiiii......」
「Joyeux anniversaireeeeeeeeeee !!」(フランス語合ってますか?) 
d0137699_0134025.jpg
ホントのお誕生日より1週間以上早いパーティーだったので本人は全く予期してなかった様子。
サプライズパーティーってした事はあるけど
された事ない私、嬉しいでしょうね~。。。
で、今日の主役、旦那のいとこのリズちゃん(40歳)
d0137699_0191041.jpg
横にいるの旦那でアロハシャツ着てますがこの日のテーマは「花」
こんな人もいました。
d0137699_022998.jpg
子供たちも楽しそう~♪
d0137699_024378.jpg
モニカもお友達を見つけたようです。。。モニカはイタリア語と日本語のミックス、お友達はフランス語、でも2人で会話して笑ったりして楽しそうでした。
d0137699_0253162.jpg
emmaちゃん3歳、来月4歳になる子で少し後で判ったのがemmaちゃんとモニカ、
血はつながっていないけど親戚でした!
d0137699_0282024.jpg
アペリティフや前菜の写真を撮るのを忘れましたがメインが出てきてビックリ!
d0137699_0381475.jpg
 豚の赤ちゃんの丸焼き!見るとちょっと複雑だけど(赤ちゃんだから。。)
お肉がやわらかくてすっごくおいしかった。
豚には思えませんでした。お手伝いのマダム、このポテトも最高!
d0137699_0424192.jpg
 賑わってま~す。。
d0137699_0433451.jpg
スープかなと思いきやラム(子羊)でした。
d0137699_0471432.jpg
 はい、ここで終わりません、上映会です。(題 リズちゃんヒストリー)
d0137699_049375.jpg
 このあとお父様の祝辞(?)
d0137699_05143100.jpg
そしてなぜかリズチャンの旦那様のお父様の祝辞(長かったし。。。)写真なし
まだ終わりません、リズの娘の同級生のギターと歌の演奏。
d0137699_135577.jpg
その同級生のご両親のデュエット(爆)写真なし
リズチャンの一人娘、ルーナちゃんのママに捧げるダンス!
d0137699_1145298.jpg
 ルー☆柴似の旦那様 ニコラも祝辞を述べ....(もうこの時点で逃げ出したい気分)
d0137699_1173961.jpg
やっとチーズとデザートが出てきて
d0137699_120974.jpg
d0137699_1204727.jpg
まだまだ皆さんは食べる食べる。。。
私達は12時(夜中)に失礼しました。寝たの2時近かったし!
楽しかった結婚披露宴かと思わせるパーティー。。。ただ一言
長ぇ~よ(爆)

160人はいなかったけど100人位はいたかな。。。次回はリヨンの街です!
[PR]
by moconail5ott | 2010-03-26 01:42 | フランス | Trackback | Comments(8)

Fete du Citron

病み上がりの旦那を置いて南仏のメントンで行われている
Fete du Citron(レモンのお祭り)に行って来ました。
d0137699_23162094.jpg
レモンやオレンジなどで作成されたオブジェの数々、入場料大人9ユーロ(子供は8歳まで無料)を払って中に入るとかすかに柑橘系の爽やかな香りがして家にこもっていなければならなかったストレスを癒してくれるようでした。
d0137699_233145.jpg
今年のテーマは「映画」
d0137699_23393114.jpg
ホントは前日に行く予定だったのだけどあいにくの雨で1日伸ばしました、
でも伸ばして正解!柑橘系の色が映えるとってもいい天気になりました。(↑は太陽に雲がかかってる時の写真、↓は太陽が出てる時の写真、黄色の色が全然違うでしょ?)
d0137699_2345314.jpg
チャップリンもいました。
d0137699_23561966.jpg
d0137699_2357311.jpg
d0137699_23575831.jpg
d0137699_001643.jpg
ジェノヴァ在住のRちゃんとRちゃんの娘(7歳)と一緒に行きました。
お互い旦那を置き去りの小旅行、とっても楽しかった!
でもやっぱりモニカは3歳児らしい振る舞いでもうすぐ8歳の
Hちゃんは呆れて(ぐずっていた)モニカを見ていました(笑)
でも一緒に遊んでくれてモニカも楽しそうでした。
d0137699_063568.jpg
お昼はクレープ屋さんでそば粉のクレープを(多分初めて食べたかも!?)食べました、
おいしかった!d0137699_093135.jpg
d0137699_095663.jpg



たまにはいいな~こういうの!(旦那抜き)
[PR]
by moconail5ott | 2010-02-22 00:13 | フランス | Trackback | Comments(18)

Nice(ニース)

ノリがいいラテン系イタリア人、「あ~しよう!こうしよう!どこ行こう!」と
ノリがいいのはいいけれど特にうちの旦那は
有言実行タイプ!何度イライラさせられたか!
最近は耳を貸さないようにしていたのですが
先週末金曜日に「ニースに行こう!」というのでしかと(笑)してたら
次の日朝7時に起こされなんと有言実行した彼。(初めてかも。。)
そんな訳で日帰りでニースに行って来ました。お昼を食べたのはこちら↓
d0137699_22221264.jpg
こ、これが食いたかったのか。。。生の魚介が沢山のこのお店cafe de turin.
私は貝系がだめなので茹でた海老を6匹だけ、
旦那は山のような魚介を食べてました。
d0137699_22372057.jpg
違う国の野菜やフルーツはなぜかおいしそうに見える。
d0137699_22421381.jpg
プロムナード
d0137699_2254744.jpg
プロムナードにあったパン屋さんでお茶、d0137699_22545144.jpgこちらのパン屋さんに日本人の奥様がいらっしゃいました、ご主人もイタリア語と日本語を少し話しとっても気さくな方でした。6~7年前に日本のテレビで彼女の事を扱っていて見た事があった私、偶然入ってお会いして思い出しました、旦那が食べたフォーガスという甘いお菓子パン(?)もメントンよりおいしかったです。やっぱりパンはフランスか日本ですね!もちろんバケット、クロワッサン、アーモンドクロワッサン、パンオショコラをお持ち帰り~。



d0137699_2334320.jpg
急いで出かけたのでカメラのバッテリーが切れて写真は終り(泣)
チェックしたかったキッチン用品や洋服、子供服は見れなかったけど
思いがけずニースに行く事が出来たので旦那のまれにない行動力に感謝としますか(笑)
[PR]
by moconail5ott | 2009-10-19 00:04 | フランス | Trackback | Comments(10)

ちょこっとMentonの街です。

イタリアの国境を過ぎ最初のフランスの街メントン(マントンとも言います)
d0137699_642518.jpg

イタリアからフランスに入ると建物の感じが変わり
(旦那はインペーロスタイルというけど私にはわからんです)
とても整理されており外壁もどこかの街みたいに((ジェノヴァですけどね)
車のスモッグで汚れてないし、道路も整備されて広々として
どこかの街みたいに(もういいですね)デコボコしてないし、
2重に駐車して人の迷惑かえりみず。。。なんて事もなく
クラクションをすぐ鳴らす車もいないし(いたとしたらそれは。。。言うまでもありませんね)
ラジオもイタリア語からフランス語に変わる感じは行く度に私の気分を高めてくれます。
d0137699_6464040.jpg
10時にはメントンに着きたかったのに着いたのはお昼の12時過ぎ!
ジャンコクトー美術館が目的で行ったのに美術館が12時半~2時までお休みなので
食事をして街をぶらぶら~。
d0137699_6555725.jpg
やっぱりたどり着くのはこういうお店なんですよね~。
d0137699_657061.jpg

私の苦い経験。。。
初めてパリに行った時(1人旅)泊っていたサンジェルマン デ プレの
ホテルのすぐ横にあったパティスリーで買ったかわいいケーキ!
私はすぐ食べずに部屋の机の上に置いて観光に出かけました。
観光を終え部屋に戻るとなんと!そのケーキが真っ黒に!
千匹はいたであろうアリさん達に私のかわいいケーキちゃんが
襲われてしまっていたのです!
それからすぐ食べない時は目で食べたくても、ぐっとこらえる事にしてます。
これは↓Fougasse mentonnaise(フーガス・マントネーズ)、
メントン風のフーガスです。つまりフォカッチャです。
d0137699_7212961.jpg

南仏プロヴァンスから生まれたフーガスはイタリアのフォカッチャみたいに
塩味のもありますがこれは甘くフィノッキオ(フェンネル)
という香辛料も効いていて、この赤いのは何かの花びらに見えましたが。。。
おいしかったです、買ったお店はこちら。
d0137699_73386.jpg

場所をもう少し中心地に戻って、モナコほど豪華ではないけどカジノもあります。
d0137699_734396.jpg
ここでは市場が開かれています。
d0137699_7361187.jpg
メントン市庁舎。
12時半までに行けばこちらの婚礼の間に描かれているジャンコクトーの絵が見れたのに遅く着いたので断念。
こちらでは外国人でも結婚式ができます、
日本人の方も何組もこちらで結婚されたようです。
d0137699_7411272.jpg
美術館の開く時間になったので美術館へ、
ジャンコクトーの絵を堪能した後イタリアに戻る用事があったので
ひとまずイタリアへ、。。。
d0137699_82850.jpg
ホントは他の南仏の街にも沢山ジャンコクトーの
作品があるのですがそれはまたの楽しみにとっておく事にします。
それにしてもメントンでは聞こえてくる言葉は5割イタリア語
4割フランス語、1割がそのほかの外国語でした。
でも家(アパート)の値段がイタリアより安かったので
「うん、老後はここもいいな~」なんてにんまりした私でした。
[PR]
by moconail5ott | 2009-08-04 08:12 | フランス | Trackback | Comments(6)